愛媛県宇和島市の歯科医院  ますだ歯科 【歯周病治療・予防歯科・小児矯正・インプラント治療・ホワイトニング】

CTレントゲン

当医院では、より精度の高い治療を行うために、最新鋭のCTレントゲンを導入しています

CTレントゲン導入

こんにちは、ますだ歯科 院長の枡田です。
このたび、当医院では歯科専用CTレントゲンを設置しました。
インプラント治療などが身近なものになるにつけて、一般歯科医院でも「CT」を設置する動きをみせています。
しかし、日本の歯科医院が7万件に近いなかCTを導入している歯科医院はなんと2%ぐらいなのです。大変高価なものなので、その中で大学病院なども含まれるので一般開業医ではまだまだ導入している医院は少ないです。
私たちは、患者様が安心できる安全なインプラント治療などを行いたいという思いからCTを導入しました。(もちろん、治りにくい虫歯の原因追及や歯周病の進行具合を知るためにも使用できます)




インプラントの治療

インプラント治療などはとても良い治療法なのですが、リスクも伴います。
例えば、クルマは危険な運転をすれば交通事故を引き起こす凶器になりますが、正しく運転すれば旅行や遊びに行けて、人生を楽しく送れる便利で素晴らしい物になりますよ。

インプラントも同じで、事前に十分な検査をして、治療のシミュレーションを行い、安全な場所に治療を行えば、人生を豊かにしてくれる治療になるのです。
インプラント治療も同じで、身内に出きる治療なので安心してお勧めできます。
それとインプラント治療の良さをもっと多くの方に知っていただきたいと思っています。

CT検査の紹介

それでは、当医院で行っているCT治療をつかった検査をご紹介したいと思います。
下の画像はCTでお口の中を撮影して、分析するための画像です。
実際は、当医院のカウンセリングでこのような画像を患者様と一緒に見ながら、インプラントがどのように入るのかを分かりやすくご説明しています。



CTによる検査がなぜ必要かというと、レントゲンだけでは平面の状態しか分からず、正確なインプラント治療が出来ないからです。
CTを使えば、立体的にお口の中の様子を知ることが出来ます。
茶筒やサランラップの芯を真正面から見ると長方形なのに、斜め上から立体的に見ると円柱になる、というのが立体にみるということです。

CTレントゲンの必要性

インプラント治療をする時に、
・神経とインプラントの位置関係はどうなっているのか
・どこまでインプラントを入れても安全なのか
・顎の骨の厚みはどれくらいあるのか
など、詳しい情報が分かり、治療に入る前に正確なシミュレーションが出来るのです。
実際には、しっかりと分かりやすいご説明を行っています。
「目隠しして、野菜を切るところからカレーを作ってください」と言われたら怖くて出来ませんよね。包丁で手を切ってしまうかもしれないし、火加減も分かりませんから。

CT無しでのインプラント治療を行うのも同じことです。
だから安全なインプラント治療や精密な歯科治療を行うには、CT装置が必ず必要になります。


最新式のCTレントゲン

当医院が導入しているCTは、患者様の健康を考え、部分的に撮影できる最新CTです。
部分的にも撮影できるので、被爆量が最小限で済みます。
(普通のレントゲンと同じくらい)
部分的に素早く撮影できるので、「インプラントができるかどうか、いま知りたい」という患者様にとって、たいへん好評です。
CT撮影の時に痛みや不快なことは一切ありません。
通常のレントゲンを撮るのと同じですぐに終わります。
インプラントをするからCTを撮影するのではなくて、インプラント治療を行うかどうか決める前に、私たちからの説明といっしょにしっかりとご自身の目で見て頂いて、納得してから治療を受けていただきたいからです。

当医院にお問い合わせください

「インプラントに興味があるけど、検査費用がかかるし、もし検査してもインプラント治療が受けられないと分かったら検査代がムダになるし…」とためらう必要はありません。
インプラント治療や歯周病治療をお考えの方は、ぜひ当医院にお問い合わせください。

炭酸レーザー

当院では必要に応じて炭酸ガスレーザーを使用しています。
炭酸ガスレーザーは安全性も高く、口内炎や知覚過敏に使用すると傷の治りを早くしたり、しみる感じを抑えたりできます。
また、治療の際に歯肉が盛り上がったりしてきれいな型取りが困難な場合も、レーザーで除去する場合があります。

カリオスタット(むし歯菌のリスク判定)


カリオスタットとは、
むし歯菌がどれくらいお口の中にいるのか?を判定する検査です。


お口の中での歯を溶かす要因である酸の出来具合を見るもので、
酸が多く作られるほど液が青→黄色に変化していきます。

青(心配なし)
緑(少し危険)
黄緑(危険)
黄色(非常に危険)

となり、むし歯に対する危険信号を表します。
この結果によって、個人のむし歯予防対策を考えていきます。

検査自体は、綿棒で歯の表面をぬぐうだけなので痛みも無く、
1分程で終わりますが、
結果は培養器(上記写真左)に入れて48時間経たないと変化が分からないので、
次回の来院の際にお知らせしております。


これは、保険適用外なので、1回500円いただいております。
ご希望の際はお気軽にスタッフまでお申し付けください。

痛くない麻酔(アネジェクトU)

 麻酔は誰でもされたくないものです。特に歯医者に来ると必ず麻酔をされるのでは?というイメージを持たれる方も多くいらっしゃると思います。
 当院では、できるだけそのような不安を取り除くために、アネジェクトUという電動の注射器を使用し「痛くない麻酔」を心がけております。麻酔で痛いのは、「針を刺す時」「麻酔液を入れる時です」特に、液を入れていくと歯肉の中の細胞を押し分けていくのでその時の圧が強い時に痛みが出ます。それを防ぐために電動でゆっくりと液を入れていきます。同時に音楽が鳴りますので、リラックスした状態で治療を受けていただけます。むし歯の治療や、歯周病の治療の時に主に使用します。
(症状や症例によっては手動で行う場合もございます。)

 こちらの「アネジェクトU」は痛みを感じにくい最新の注射器として、2015年にテレビで紹介もされました!!
 スタッフからも、「今までの麻酔のイメージと全く違う!」と好評です。

誤飲、浮き上がり防止のために(マイクロスティック)


 当院では、詰め物や被せ物をセットする際に誤って患者様の口の中に落とすことのないようにマイクロスティックを使用しています。
 マイクロスティックとは、上記の写真の青い棒で、先端にくっつけることができる粘着質のボールのようなものがついています。これを使用して、セット時にセメントが付いた状態で手に持ちにくい詰め物や被せ物を正しい角度で口の中にセットすることができます。
 購入時はまっすぐなので、使用する前に何本かあらかじめ曲げて準備しています。

丁寧で繊細なメインテナンスのために(超音波スケーラー)

当院で行っているメインテナンスや治療の流れの中で、「歯石除去」をする際に使用しているのが、このP-MAX2(サテレック社)です。


チップの先も細い物を使用しています。

私たちがこのP-MAXを使用する理由は、
術者と患者様に優しいスケーリングが可能だからです。

他の機種にもPモードといって歯周治療専門モードが搭載されていますが、
このP-MAXは強さが絶妙で、患者様に痛みが少なく歯石を除去することが可能です。
そして、この細いチップによって歯周ポケットの底まで痛みがなく器具が届き、歯石を取ることが可能です。

せっかくの定期的なメインテナンスで、患者様にリラックスして施術を受けていただきたいという思いが詰まっています。

是非この気持ちの良いスケーリングを体験してください。

ルーペ(拡大鏡)

 ますだ歯科では昨年末からドクターだけでなく、歯科衛生士5名全員にルーペを準備いたしました。このルーペを装着すると手元を2.5倍の大きさで見る事ができ、患者様のお口のケアにより一層役立てていければと考えております。


 




ますだ歯科
〒798-0031 愛媛県宇和島市栄町港2-2-25
0895-23-2255