愛媛県宇和島市の歯科医院  ますだ歯科 【歯周病治療・予防歯科・小児矯正・インプラント治療・ホワイトニング】

知覚過敏

知覚過敏って何?

皆さんは「知覚過敏(ちかくかびん)」という言葉を聞いたことがありますか?最近は、歯磨き粉のCMでも聞かれるようになりました。

むし歯でもないのに、歯がしみて痛い、という症状の多くが知覚過敏です。冷たい飲み物や、酸味のある食べ物を食べるとズキンとしみる、また歯ブラシの毛先が触れると痛いというような症状があげられます。

歯は、頭の部分はエナメル質という非常に硬い素材に覆われており、その中に象牙質があり、更にその中に神経(歯髄)が通っています。
ところが、歯の根っこの表面にはエナメル質が無いため、歯肉が下がって根面が露出すると象牙質に様々な刺激が伝わり、それが歯の神経まで届いてしみるのです。

原因は?

原因は様々ですが、主に3つあります。

@歯肉が下がって露出した歯根がプラーク(歯垢)で汚れて、そのプラーク中の細菌が出す刺激でしみる。

*歯周病治療の中で、歯石を除去するスケーリングやSRP(歯石除去と歯根面滑沢化)を行いますが、この中で歯肉が引き締まると腫れていた分の歯肉が下がってきます。歯肉の状態としては、良好になっているのですが下がった分歯根面が露出し、知覚過敏を起こすことがあります。

A硬い歯ブラシで、ゴシゴシ強く磨いたことで歯が削れて、象牙質表面の神経に刺激を伝える穴が開いたままになり刺激が伝わりやすくなる。

B歯ぎしりや、食いしばりで過剰な力がかかり、歯根の表面が剥がれて歯根が削れて刺激が伝わりやすくなる。


治療は?

軽度から、重症まで段階を追って治療していきますが、まずは原因をできるだけ少なくしていきます。

@(軽症)丁寧なブラッシング(歯磨き)
毛先が柔らかい歯ブラシで、丁寧に汚れを落としていくように練習します。ますだ歯科では、ESS(エクストラ スーパー ソフト)というかなり柔らかい歯ブラシでのブラッシング指導をしています。

A(軽症)知覚過敏防止歯磨き粉を使う
市販の物で代表的なのが「シュミテクト」です。当院では「ヒスケアジェル」という専門的な知覚過敏防止歯磨き粉をお勧めしており、販売しています(税抜き800円)。これらの歯磨き粉には、歯根の表面から刺激を伝えにくくする成分が含まれています。



B(やや重症)歯根の表面をコーティング
歯科専用の知覚過敏防止剤を表面に塗ったり、レーザーを照射してから材料を塗ったりします。


C(やや重症)歯根のくびれを埋める
歯根の表面が削れてくびれが大きい場合、むし歯治療で使用するレジンという材料で埋めて外部からの刺激を遮断します。

D(重症)歯の神経を取る
上記の4つでも全く効かず、毎日の食事にも支障をきたすような場合は、最終手段として歯の神経をとることがあります。しかし、これはあくまで最終手段なので、長期的に診てから判断しています。


ますだ歯科
〒798-0031 愛媛県宇和島市栄町港2-2-25
0895-23-2255

Copyright (c) Masuda Dental Clinic All Rights Reserved.