愛媛県宇和島市の歯科医院  ますだ歯科 【歯周病治療・予防歯科・小児矯正・インプラント治療・ホワイトニング】

マウスガード

マウスガードとは

空手、ボクシングなどの格闘技あるいはラグビー、ラクロスなどの激しい衝撃を伴う球技などのスポーツで、歯自体の損傷、歯による口腔内の裂傷を防ぎ、脳などのダメージを軽減するための防護用具です




機能と効果

外からの衝撃を分散し吸収する機能
外からの衝撃は口に直接ダメージを与える場合と、下の顎に加わった衝撃が上下の歯を破壊的に衝突させ二次的に口にダメージを与える場合があります。いずれの場合でも、マウスガードはこれらの外力を分散吸収することにより、ケガを防止し、ダメージを軽減する効果を発揮します。脳震盪の防止、軽減効果もあります。

鋭利な歯の先端を無害化する機能
唇や歯肉を傷つけるなどの軽い事故の場合に効果があります。特にプレイ中に舌を咬むなどのケガに対してはマウスガードが唯一の予防方法です。また、コンタクト系スポーツなどの際に相手の選手を歯で傷つけたりすることを防ぐことができます。

ケガをした歯が抜け落ちるのを防止する機能
マウスガードは脱臼した歯を出来るだけ元の位置に留め、脱落した歯は口から外に飛び出さないように保持します。そのため、ケガの治療は大変処置しやすくなり、大きな事故を最小限のダメージで切り抜けることが可能になります。

種類

市販マウスガード
既製品を湯につけて軟化し、口腔内で成型するタイプです。スポーツ店で手に入るものとして一般的です。ただし、体験すると分かりますが、上手に成形するのは非常に難しく、少し口を開けただけで外れたり、その具合の悪さゆえ逆に外傷が増悪する場合があります。

カスタムメードマウスガード
歯科医院で作製するマウスガードです。歯の型を採って精密に作るのでスポーツ中に脱落したり、咬み合わせが悪くなるといった心配はありません。市販マウスガードしか使用したことのない選手がカスタムメイドタイプ装着をすると、その装着感の良さに感激し、「なぜもっと早くカスタムメイドタイプにしなかったのだろう」と言われました。

当歯科で導入しているマウスガード

当歯科は極真会館協力医として公認のマウスガード製作を行っています。(一般のスポーツをされる方も同じマウスガードを作ることができます)
これは極真会空手の大会では装着が義務付けられているもので、スポーツ全般に使用可能です。市販のものより高価ですが、力が入りやすいと評判です。

「ポール式マウスガード」と呼ばれているもので、このマウスガードの特徴は5つあります。

@ 息苦しくない
A 唾液も飲み込みやすい
B 話をすることができる(集団競技では重要)
C 激しい接触による口腔外への脱離が少ない
D 頭部を打撲しても、あごの位置が速やかに戻るため、口腔内の保護はもとより、脳震盪の予防に優れている

実際の公認マウスガード





実際にはシリアルナンバーが入ります

制作にあたっての手順

初診時
お口の中を診察し、かみ合わせ、虫歯、歯周病の有無や顎関節の状態を調べます。
大きな虫歯がある場合は、虫歯の治療を終えてからマウスガードの作成をします。
問題がなければ、歯面クリーニングをして歯型を採ります。
「ポール式マウスガード」では咬み合わせが重要で特別な方法で咬み合わせを採ります。


マウスガードのお渡し
2週間程度で出来上がります。
お口の中に装着して痛みがないか、咬み合わせに問題がないか診査します。
最後に取扱いの説明をしてお渡しとなります。

極真会会員で、会員番号をお知らせいただければ会員価格16,200円になりますが、会員番号が無い場合は20,800円になります。


ますだ歯科
〒798-0031 愛媛県宇和島市栄町港2-2-25
0895-23-2255