愛媛県宇和島市の歯科医院  ますだ歯科 【歯周病治療・予防歯科・小児矯正・インプラント治療・ホワイトニング】



音波ブラシ

音波ブラシって普通の歯ブラシよりいい!?

歯周病予防・自然な白い歯に効果的なブラッシングのために
使ってみたいけど…。どうなんだろう!?

音波ブラシと普通の歯ブラシ  あなたはどっち派!?

□音波ブラシの正しい使い方を知っている
□多少の価格は目をつぶる
□できるだけ短時間できちんと磨きたい
□ブラッシングの圧(力)が強い
□忙しくてブラッシングに時間をかけられない
□歯ブラシをうまく動かせない
□歯周病治療中または矯正治療中である
□高齢者・身体的に障害を有する人

この中で、一つでも当てはまる場合は、音波ブラシを考慮してみてはいかがでしょうか?

ここで、あえて音波ブラシのデメリットを挙げてみます。

・電源または充電が必要
・思っていたより磨く時間が必要
・機種によっては、そこそこ重たい
・交換するブラシ部分のコストが気になる
・音波の音がする

こんなところでしょうか…。

以上を踏まえまして、音波ブラシをお考えの方、現在の歯磨きでは不安な方、是非ご相談ください!!
普通の歯ブラシ選びや、お勧めの音波ブラシなどご提案させていただきます♪

音波ブラシとは?

音波振動でプラーク(汚れ)を除去します。きめ細かく力強い振動による流れで、歯肉と歯の間など手動の歯ブラシや高速運動歯ブラシでは取りきれないプラークを除去します。

ブラシの毛先が高速で動くことで毛先が直接歯に当たり、歯に付着したプラークを落とします。ブラシ自体が動いているため、自分で動かす必要がありません。

最近の電動ブラシの性能は非常に良くなっています。簡単に技術を習得できる方法は電動ブラシを買う他にありません。ただ、安価なものでは効果が少ないと考えています。お金はかかりますが、良いものを選んでください。ますだ歯科では、ソニッケアー(フィリップス社)をお勧めしています。


<音波ブラシ使用時の注意事項>

@本体は、長期に渡り唾液などが付着しないよう、よく水洗いし乾燥させるなど、清潔を保つようにしましょう。

A音波ブラシも手用ブラシ同様、歯間部のすべてのプラークを除去することは不可能です。そのため、歯間ブラシやデンタルフロスを併用しましょう。

B「音波ブラシ」というだけで、”楽にきれいにみがける”と勘違いしてはいけません。
プラークを除去するためには、歯ブラシの毛先を的確に歯面に当てることが大切です。

C力を入れて強く歯面に当てすぎると、毛先が広がり、本来の清掃効果が落ちてしまうばかりでなく、歯肉を傷つける原因にもなります。「当てる」というよりも「触れる」くらいの感覚で十分です。

Dブラッシングの時間は、上・下・頬側・舌側各2分を目安にしましょう。

E歯磨き粉は、研磨剤による磨耗を避けるために、使用しないか、研磨成分を含まないものを使用しましょう。
着色が気になる場合は、一通り磨いた後、スイッチを切って手用ブラシ同様に歯磨き粉を付けて磨きましょう。


ますだ歯科
〒798-0031 愛媛県宇和島市栄町港2-2-25
0895-23-2255

Copyright (c) Masuda Dental Clinic All Rights Reserved.

歯科専用ホームページ.com