愛媛県宇和島市の歯科医院  医療法人真穂会 ますだ歯科医院 【歯周病治療・予防歯科・小児矯正・インプラント治療・ホワイトニング】
ホーム > 補綴治療のこだわり

補綴治療のこだわり

ますだ歯科では、被せものを作る際にこだわりを持って治療を行っております。
なぜなら、「できるだけ長持ちして欲しい!」という気持ちがあるからです。

誰でもせっかく何回か通院して被せものを作っても、またむし歯になったり、取れたりして作り直しになるのは辛いものです…。それは治療する私たちも同じ気持ちです。

そこで、お口の環境や状況は患者様一人一人異なりますが、出来るだけ長持ちする被せを作るためにいくつかこだわりを持って治療しておりますのでご紹介いたします。

@歯肉圧排

ますだ歯科では、被せものの最終的な型取りをする際に、歯肉圧排(しにくあっぱい)という処置を行っています。

みなさんはこの「歯肉圧排」って聞いたことがありますか?
おそらく、多くの方はご存知ないと思います。
被せの型取りの前に、型を取る歯の周りの歯肉をチクチクと触られたという経験がおありでしょうか?
それが「歯肉圧排」です!

「型取りの前に、痛いけど何をチクチクやってるんだろう?」と思われた患者様もおられるかもしれません。

これは、歯と歯茎の境目のわずかな隙間にジンパックと呼ばれる、専用のを入れているのです。入れた後5分ほど置いてから型取りを行っています。

この目的は、
歯と歯茎の間にわずかな隙間を作り、境目の型取りを正確に行うためです。
型取りの際に、この境目がいかに正確に精密に取れているか、が最も重要になります。
歯肉の中で、ピッタリとフィットした被せものを作ることで、むし歯にもなりにくく、長持ちする被せものができます。
実は、精密な被せものを作るためには不可欠な処置なのです。
(場合によっては、境目が歯肉の上にくることがあり、歯肉圧排しない場合もあります)

この処置自体には保険点数は無いため、ますだ歯科では、長持ちするものを患者様にご提供したい!というこだわりをもって無料で行っております。

この糸は型を取る直前に外し、型取りを終えた後は歯肉のわずかな隙間は自然に閉じていきます。

多くの医院では、自費治療以外で行うことはまれです。しかしますだ歯科では、保険治療でも、自費治療でも同様にこの歯肉圧排を実施しております。少々手間と時間と若干の痛みを伴いますが、全力の治療ですので、ご理解の程よろしくお願いいたします。

※まれに、治療後に歯肉がジクジク痛んだり、しびれたりする場合がありますが、数時間で治りますのでご安心ください。

A 型取りの材料

一般的に、多くの保険治療では寒天アルジネート印象材という材料を使用しています。

しかし、ますだ歯科では、一部の型取りの時に保険治療でもシリコン印象材という特別な型取りの材料を使用しています。このシリコン印象材は変形がほとんどなく、お口の中の状態を精密に模型上で再現することができます。

特に、ブリッジといって複数の歯の被せ物を作る場合や、義歯(入れ歯)の型取りの時にはこのシリコン印象材を使用しています。入れ歯の型取りの時は、患者様個人個人に合った専用のトレー(個人トレー)を作成してから型取りを行っています。

またこのシリコン印象材は、高価ではありますが、長持ちする被せや気持ちの良い入れ歯を患者様に提供したいという私たちのこだわりから使用させていただいています。


B 仮歯の用意


 ますだ歯科では、院内の技工士が患者様専用の仮歯を準備します。
特に前歯や、一度に多くの歯の治療をする患者様は「治療中はどのような状態になるのか?」ということが不安になる方もおられると思います。しかし、治療中でもできるだけ患者様に快適に過ごしていただけるように、古い被せなどを外す前にあらかじめ型どりを行い、仮歯をご用意させていただいております。

 また、仮歯は最終的な被せを作る際に、とても重要な資料となります。ますだ歯科では、患者様にご満足いただけるような被せを作るために患者様のご要望に応じて仮歯を調整し、その調整事項を技工士に伝えることで、より理想的な被せを作製するように努力しております。


医療法人真穂会 ますだ歯科医院
〒798-0031 愛媛県宇和島市栄町港2-2-25
0895-23-2255

Copyright (c) Masuda Dental Clinic All Rights Reserved.