愛媛県宇和島市の歯科医院  ますだ歯科 【歯周病治療・予防歯科・小児矯正・インプラント治療・ホワイトニング】

ホワイトニング よくある質問 Q&A

Q1:ホワイトニングは安全ですか?歯に悪くないですか?
A1:
安全です。むしろ、「むし歯予防」「歯周病予防」という観点からはオススメです。
 常に歯の表面をきれいにしようとする意識が高まり、むし歯が予防され、昔アメリカではホワイトニング用の薬剤は歯周病の治療に使用されていたものなので歯周病予防にもなります。
 また、オフィスホワイトニングの後はフッ素の浸透が良いので、フッ素でコーティングしむし歯予防効果があります。


Q2:どうして白くなるのですか?クリーニングとは違うのですか?
A2:
過酸化水素を分解させることで、着色物質との結合を切り離し着色していないように見せることができます。
クリーニングは歯の表面の着色物質(ステイン)を磨いて除去することです。


Q3:何回くらいで白くなりますか?
A3:
オフィスホワイトニングの場合は1回で効果が得られます。しかし、より白くして色戻りを防ぐためには2回から3回をオススメしています。ホームホワイトニングと併用するデュアルホワイトニングはエナメル質、象牙質両方に働きかけることができるので、歯の限界までの白さに効率よくたどり着くことができます。
ホームホワイトニングのみの場合は、2〜3週間で効果を感じることができます。


Q4:白さはどのくらい維持できるのか?
A4:
生活様式によって個人差がかなりあります。コーヒー、紅茶、ワイン、喫煙など着色しやすい生活をする人の方が後戻りまでの期間が短いです。
以前はそれらの嗜好品を我慢してもらうように指導していましたが、近年は我慢せずに後戻りしてきたらタッチアップ(再ホワイトニング)をご提案しております。


Q5:どんな歯でも、誰でも白くなるのか?
A5:
テトラサイクリンなどの特殊な変色は、現状を改善することはできますが完全に白い歯にすることはできません。しかし必ず変化は起こります。
また、年齢が若い方が効果は出る傾向にあります。


Q6:デメリットはありますか?
A6:
個人差もありますが、オフィスの場合は特に「知覚過敏」のような症状が出る方がおられます。これは歯の中の水分が一時的に奪われるためなので、唾液などの水分供給により日が経つと徐々に回復します。


Q7:市販のホワイトニングやセルフホワイトニングとの違いは?
A7:
A7:医院で取り扱いしている「過酸化水素」「過酸化尿素」は歯科医師の常駐する歯科医院のみ取り扱いが可能です。エステサロンなどで使用できる薬剤には限りがありますので「過酸化水素」「過酸化尿素」程の効果は期待できません。


Q8:すぐに施術可能ですか?
A8:
歯周病やむし歯が無ければ可能ですが、事前にお口の中を確認させていただいた方が良いです。
理由は、むし歯があると薬剤の刺激で痛みが出る場合があります。仮のセメントを詰めたりしてからの施術となります。(特に前歯〜小臼歯の詰め物はホワイトニング終了後その色に合わせた詰め物をします)
歯周病がある場合は、出血しやすい歯肉の状態なので血液と薬剤が反応して薬剤の効果を低下させてしまいます。歯周病の治療が優先です。また、歯石や汚れがついたままでは薬剤が歯の表面に到達しないので効果は得られません。




ますだ歯科
〒798-0031 愛媛県宇和島市栄町港2-2-25
0895-23-2255

Copyright (c) Masuda Dental Clinic All Rights Reserved.