愛媛県宇和島市の歯科医院  医療法人真穂会 ますだ歯科医院 【歯周病治療・予防歯科・小児矯正・インプラント治療・ホワイトニング】
ホーム > トピックス

トピックス

奥歯ない高齢者「動脈硬化のリスク2倍に」

奥歯を全て失った高齢者は、全部ある高齢者に比べて動脈硬化になるリスクが約2倍に高まることが、厚生労働省研究班(研究代表者=前田芳信 大阪大学歯学部附属病院長)の調査でわかった。

研究班は「奥歯がない人は、かみにくい緑黄色野菜などの摂取量が減るためではないか」としている。
研究班は、大阪大や東京都健康長寿医療センターなどの研究者らで構成。高齢者の歯と健康との関係を明らかにするため、2010年から各地の70歳〜100歳以上の2300人を追跡調査している。

今回、兵庫県内の70歳代の男女500人について上下左右に4本ずつ計16本の奥歯の状態と動脈硬化との関係を調べた。奥歯が全部ある265人で動脈硬化が見つかった割合は約4割だったのに対し、全て失った121人では約6割だった。喫煙や歯周病などの要因を除外した上で比較したところ、奥歯がない人は、ある人に比べて1.87倍、動脈硬化になりやすいとの結果が出た。

(2015年8月14日 読売新聞オンラインから引用)

お盆期間中にこのような記事を見つけました。
奥歯でしっかり噛めるということは、お口の中だけでなく全身の健康にも大きく関係してくるようです。もう既に失ってしまった場合は、残った歯を大切にすることがとても重要です。
歯周病やむし歯をしっかり予防し、生涯健康に暮らしていけるお手伝いができればと思っております。

お口の中に不安や違和感、痛みがある場合はもちろん、今は無いけど悪い所がないか調べて欲しいという方も、お気軽に宇和島市のますだ歯科までご相談ください。定期検診も随時受け付けております。


医療法人真穂会 ますだ歯科医院
〒798-0031 愛媛県宇和島市栄町港2-2-25
0895-23-2255

Copyright (c) Masuda Dental Clinic All Rights Reserved.